子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

お電話でのお問い合わせはこちらまで
【TEL】06-6351-8471

【freedial】 0120-26-8470

【営業時間】9:00 - 18:00

インスタ

外 装

◆外装リフォーム

住宅の外装は『家の顔』でもあります。

しかし家は年月が経つにつれ次第に風化していくもので屋根や壁の老朽化・外壁の日焼け、色褪せ、ひび割れ、塗装はがれ等様々な問題が露出してきてしまいます。

そういった老朽化は外側だけの問題ではなく、雨漏りや隙間風等、室内へも影響を及ぼします。

そんなお悩みをお持ちならば、外装リフォームで一緒に解決しませんか?



屋   根

外   壁


屋 根

屋根は住宅にとって大切な部分。屋根の老朽化を放っておくと屋根材としての機能を失い、雨漏りなどの原因となります。雨漏りは家全体の腐朽を招くおそれがあり、その場合費用も多くかかります。

そうなる前に、早めの屋根リフォームをお勧めします。

屋根リフォームの種類


一部補修

雨漏り・雨樋の修理や割れた瓦の取り換え等、問題のある部分だけを工事
  • 最も低価格で工事ができる
  • 屋根全体の老朽化は変わらないので工事後別箇所に問題が発生したり、工事部分の再発の可能性がある


塗装

屋根に塗装剤を塗る工事。美観などを整える他、最近では様々な機能が期待できる
  • 防錆性・抗菌性が高まる→棟板金やトタン屋根などの錆の発生、スレートのコケや、屋根下地部分のカビを抑える
  • 屋根材が保護できるので、腐蝕を防ぎ、葺き替え工事が延期、または不要になる
  • 遮熱性・断熱性が高まる→1年中快適な室温を保つことができる
  夏場は屋根表面から屋根裏や2F室内への熱が伝わりにくくなり、室温の上昇を抑える(遮熱性)
  冬場は室内から屋根表面への熱も伝わりにくくなり室温の下降を抑える(断熱性)



葺き替え

今ある屋根材を撤去し、下地の傷み等を確認した後新しい屋根材に替える工事
  • 新築同様の外観になりイメージチェンジが可能
  • 屋根内部の点検ができる
  • 古い屋根材を撤去するので内部下地のダメージ蓄積をストップ
  • 屋根材によっては軽量化が可能
  • 既存屋根材の撤去・処分費が発生する


重ね葺き

(カバー工法)

今ある屋根材の上に新しい屋根材を重ねる工事
  • 新築同様の外観になりイメージチェンジが可能
  • 廃材が少ないためエコロジー
  • 既存屋根の撤去・処分の工程がないので費用・工期を抑えることができる
  • 屋根が2重構造となるので遮熱性・防音性が向上する
  • 屋根全体の重さが増すので、耐震性が葺き替えに比べて劣る

屋根材機能


◆軽量屋根の特長

  • 耐震性が高い 

重い屋根は重心が上部にあり、軽い屋根は重心が下部にあります。

地震があった場合、重心が上にある重い屋根の方が揺れ幅が大きくなってしまうのに対し

軽い屋根は家全体の揺れも少なくすることができます。


  • 間取り変更リフォームなどにも対応できる
軽い屋根は建物に負担をかけないので、その分必要な壁量も少なくなります。


そのため、窓や開口部を多くつくることができるので、明るく開放的な空間をつくることができます。


また、耐力壁量の他にも、柱などの本数も少なくて済むので間取りの変更も自由自在です。


今現在考えている間取りリフォームにはもちろん、家族のライフスタイルの変化に合わせた住まいの利便さを考えた将来的なリフォームにも対応することが可能です。

 屋根材種類

●瓦屋根

  • 断熱性・遮音性が非常に高い
  • 表面の耐久性が高い→色合いなどの メンテナンス不要 (瓦自体のみ)
  • 他材に比べ、重量がある
  • 本体・修理費等の費用が高め

重量面で耐震性に注目されますが瓦型でも粘土系・セメント系など複数ありますので軽さ、耐久性など強化されたものもあります。

●スレート屋根

  • 色合いなど数年に一度メンテナンスが必要
  • 低価格でデザイン種が多い
  • 軽量
  • 他材に比べると防音・遮熱は劣る
普及率が一番高いこの系統の屋根材

防音・遮熱性は改良されたものも多く災害などにも考慮されています。

●ガルバリウム鋼板

  • 軽量
  • 遮熱性・遮音性が高い
  • 防水性に優れるため暴風雨に強い
  • 耐久性が高い
  • やや高価

防音性等の面では和瓦より劣りますが、耐久性・耐熱性・耐震性など全体的なパフォーマンスに優れています。


◆施工前に屋根の状態を念入りにチェックします!


実際の状態を見ることで、住宅にとって最善のリフォームが可能になります。ご相談内容とは別に、お客様が気付かないようなほころびが存在するかもしれません。

それを解決せずに放置すると、せっかくリフォームをしたのに数年後に再リフォームが必要になってしまった…

なんてことになったら大変です。

工事後の出来上がりをより満足いくものにするためにお家の屋根の状態をしっかり把握させていただきます。

外 壁


◆他の場所よりも目立ってしまう老朽化

外壁は雨、風、紫外線など自然の影響を受けやすい場所です。

年月が経つにつれて塗装剥がれや染み、色褪せ、ひび割れ等様々な問題が出てきます。

目に見える部分での老朽化が顕著なのが外壁に関するお悩みで多い内容です。



外壁の種類

◆モルタル壁

いわゆる塗り壁のことでセメントに砂を混ぜたものをローラーなどで 模様や色を付ける

  • オリジナルの模様をつけたり、一部にタイルを張り付けたりできるのでデザインに自由度がある
  • ヒビなどが入りやすいので数年に一度のメンテナンスが必要だが、補修によりわからなくすることは可能

◆サイディング壁
建物の骨格を作った後、外から1枚の壁を貼り付けて覆うイメージ

現在の新築などはこのサイディング材を使用した家が半数以上を占める

  • デザインが豊富→形が決まっているので一部だけタイルを張る等、オリジナリティは出せない
  • 耐久性、機能性が高い→軽量なため耐震性に優れている等
  • モルタルより施工が簡単なので仕上がりもキレイ
  • 耐久性はあるが、もしヒビや反りが発生した場合、一枚だけだとしても大幅な張替えが必要

外壁材の機能

親 水 機 能


○従来の外壁塗装

  1. 塗膜面に汚れが付着
  2. 汚れが壁を伝って下に広がる
  3. 水が流れ落ちても汚れは付着したままになる

従来の塗装品は特別なコートがされていないので水は汚れの上を流れていきます。

汚れが一度ついてしまうと薬剤などを使用しないとなかなか落とすことができません。           

○親水機能付きの外壁材

  1. 親水面に塗装面に汚れが付着
  2. 雨が降って親水面に水滴が付着
  3. 親水面と汚れの間に雨の水滴が入り込んで汚れも流れ落ちる

親水機能が付いた塗装品は静電気が起きにくく従来のものよりも汚れも付きにくくなっています。

汚れが付いてしまった場合でも雨などですぐ流れ落ちます。

フッ素コート

外壁用塗料種類

アクリル
耐用年数5~8年
価格が手ごろなので以前ではよく使われていたが
汚れやすく耐久性の面から今はあまり使われていない
ウレタン
耐用年数7~10年
比較的安価でアクリルよりも防水・耐久性に優れており
塗膜が柔らかく仕上がるので細部の塗装に適している
シリコン
耐用年数7~12年
紫外線や湿気・汚れに強く、気候・温度変化への耐久性も高いのでやや高価だがコストパフォーマンスは良い
フッ素
耐用年数15年~
高価だが、他の塗料に比べて耐久性が高く、低摩擦性、不燃性など機能面からもずば抜けて性能が高い

○柔軟性が高い塗膜でひび割れ防止

外壁は気温差などによって常に伸縮などの動きを起こしています。その動きにより硬い塗膜はひび割れやすくそのひび割れたところから外壁の劣化が進みます。

フッ素コートは強力な紫外線からガードするとともに塗膜に柔軟性があるのでわずかな動きもしっかり吸収するので、ひび割れを防止し、長期間家を守り続けます。

通 気 性


1.日射熱を遮熱する効果

夏の暑い日差しの熱の伝導も通気によって遮断・放散し、室内温度の上昇を抑えるので、エアコンの設定温度を高めにしても快適に過ごすことができてエコロジー

2.壁体内結露を抑える効果

壁体内に入った水蒸気を外気に逃がすことで、壁体内結露を防ぐことができる。カビや腐敗なども発生しにくい。

3.室内側への雨水の浸入を抑える効果

万一雨水がにじみ入った場合には、通気層を確保することで排出する。また、躯体面には雨水は通さず水蒸気は通す透湿防水紙を使用しているので、2重の防水効果を持っている。

耐 火 性

耐火等級


住宅性能表示制度では、

火熱を遮る時間の長さを評価した

「火災時の安全」に関する

耐火等級が定められています。


耐火等級延焼のおそれのある部分の外壁材等(開口部以外)にかかわる火災による
4火熱をさえぎる時間が60分相当以上
3火熱をさえぎる時間が40分相当以上
2火熱をさえぎる時間が20分相当以上
1その他

○耐火等級が高い外壁材

機能性外壁材では高確率で耐火性も優れています。

上記の耐火等級も、3級・4級レベルの外壁材が多く事故や災害に備えた建材が主となっています。

万一の事故や、予測不可能な災害による火災などリフォームで事前に準備しておくことができます。



◆安心と安全な暮らしのために

上記の機能は数ある機能性住宅建材のうちの一部です。

今現在の住宅建材は、デザインや耐久性だけではなく防音性やメンテナスフリーなどの利便面、遮熱性や材質に注目し、エコロジーに重点置いたもの等様々な機能性建材が存在します。

そしてそれらは耐震性・耐火性・耐風性など災害面でも安心できる機能を兼ね揃えています。

お悩みに合わせた住宅建材をお選びください。


まずはお気軽にお問い合わせください!

 その他内容詳細・商品ラインナップ・ご質問・プランご相談など、何でもお気軽にお聞かせください!  

 お問い合わせは上記連絡先又はこちらまで



水 回 り

内  装

外  装

エクステリア